niko and ...

Still, I

VIEW WEBSITE

BACKGROUND

ライフスタイル提案型ブランド 「niko and …」。TVや交通広告などを中心に、大々的なPRをおこなってきた成果もあり、誰もが知るブランドとなった。

しかし、更なるファン層を広げるため、アパレル展開を3ラインに再編成。
2015年の秋冬キャンペーンにおいて、この新たな 「niko and ...」 を知ってもらうこと。また、これまで「niko and ...」に関わる機会がなかった人達を、ファンにすることが求められた。

SOLUTION

若年層のインターネット接触率が高く、特に動画視聴者が増加していることから、これまで活用してこなかったデジタルと動画を組み合わせた施策を行った。

CONCEPT

キャンペーンコピーは、「それでも、わたし。」
アパレル展開を “3” ラインに再編成した今季。 この”3”という数字をキーワードに、”3” 人のモデル「竹下玲奈」が “3” つのシチュエーションで、異なる服を着たり、着こなしを変えたりしても、すべてのベースには「わたし」がいるというメッセージを込めていった。

IDEA

”45本のYoutube動画“ と ”20枚のインスタグラム写真” をファッションを楽しむように、組み合わせて連動させることで完成する映像を展開。
再生中の画面をクリックすると、クリックしたシーンのアナザームービーや、オフショット写真を見ることもできる。これらは全て、「niko and …」のYoutubeチャンネルや 、モデルの「竹下玲奈」、楽曲を担当した「安藤裕子」のInstagramアカウントからアップされた素材と相互リンクされている。各アカウントからアップされた、1つ1つの動画や写真が、多くのユーザーを呼び込む仕掛けとなっている。

>> DEMO MOVIE

また、スマートフォンでは、端末”3″台を連結して楽しめる、デバイスならではの映像体験にすることで、PCとスマートフォンのそれぞれで、最適化されたコミュニケーションを行った。

RESULT

これらのプロモーションは、SNSを中心に多くの関心を集め、全国の一般女性の約5人に1人以上にリーチする結果となった。
それに比例し、ブランド検索率も130%まで上昇。
新たなアパレルラインは、幅広い層の生活者に受け入れられ、「niko and ...」 の服を、ミックスして、コーディネイトすることで、様々なシチュエーションのファッションを楽しめることを印象付けた。

VIEW WEBSITE
>> DEMO MOVIE